株式会社ヤマウチ 採用サイト

ENTRY ENTRY

メニュー メニュー メニュー メニュー

INTERVIEW MIU MATSUMOTO INTERVIEW MIU MATSUMOTO

体を動かすのが好き。話すのが好き。
インストラクターをするなら、私は「青ジョイ」。

Image Image

インストラクターになりたくて、
就活ではいくつものクラブの面接を受けた。

小中学校でバスケットボール、高校で弓道をしてきた私は、「スポーツ関係の仕事に就きたい」と思い、パーソナルトレーナーのコースがあるスポーツ系専門学校に進学しました。目指したのはインストラクター。就職活動でも初志貫徹、フィットネスクラブやスポーツクラブしか回りませんでした。

大手も含めさまざまなクラブの説明会に足を運び、面接にも行きました。ヤマウチの「ジョイフィット」もその内のひとつでしたが、圧倒的に違ったのは、採用プロセスそのものが楽しかったということ。面接官はとにかく明るくて、圧迫感や緊張感とは無縁の、ワクワクした気持ちになりました。面接に、リクルートスーツではなくビジネスカジュアルで来てほしい、というのにも驚きました。

実は私は「ジョイフィット」の会員だったことがあり、雰囲気だけは知っていました。私が通っていたのは通称「赤ジョイ」と呼ばれている24時間営業のジム。自分で計画を立てて黙々とトレーニングに打ち込む利用者が多いのが特徴です。もし働くのであれば、もうひとつの「青ジョイ」の方がいいかもしれない。店舗も広く、スタジオ設備もあり、幅広い利用者が訪れる店舗なので、インストラクターにコミュニケーション能力が求められる印象が私にはありました。

Image Image

充実の研修制度を受けながら、
高まり続ける、現場の仕事への想い。

入社初日から1週間は、オカモトグループの新人全員が集まる合宿に参加しました。正直、タフな期間でもありましたが、「同期」の絆が育まれた貴重な時間にもなりました。1週間を終えるとそれぞれが勤務地へと散り散りになっていくのですが、全国の「ジョイフィット」の仲間をはじめ、他事業の社員などとも、ネットワークをつくる機会になったと思います。

その後4月いっぱいは地域のライバル店視察や、「ジョイフィット」の各店舗の見学を行いました。「青ジョイ」への配属が決まっていた私は、その後は、当分関わりが持てなくなる「赤ジョイ」で研修を受けました。入会手続き、顧客情報の管理、店舗清掃など店舗運営に必須の業務です。もし「赤ジョイ」を希望したら、マネジメントや経営ノウハウなどが身につき、インストラクターとはまた違ったキャリアが築けるのだろうと感じました。

とはいえ、私の志望はインストラクターとして、利用者の皆さんと日々接すること。うずうずした気持ちが高まっている中、ようやく6月になり「ジョイフィット阪急伊丹店」に正式配属され、私のインストラクター人生がスタートしました。

Image Image

店舗配属1ヶ月。一歩一歩着実に、
インストラクターとしての経験を積んでいく。

実際に店舗に配属されたとはいえ、しばらくは実務と並行して研修を受けている毎日です。それでも、少しずつ任せてもらえることも増えてきています。最近、一定期間内に、ご利用者様の目標達成に向かう「100日チャレンジ」の担当者になりました。30代男性の「上半身の筋肉量を増やしたい」「体脂肪率を下げたい」という目標を受け、プログラムを考え、マシンの使い方を指導し、日々の変化を追っていく。本当に目標を達成させるには、インストラクターの知識や経験も求められますし、ご本人のモチベーションも大いに関わってきます。難しい挑戦になるかもしれませんが、ぜひトライしたいと思っています。

近々、レッスンのデビューも迫っています。「体幹トレーニング」という初級のプログラムですが、はじめての体験なのでものすごく緊張しています。

より多く、お客様と接することができるのが「青ジョイ」の魅力。けれど、話し込んでばかりいたら他の業務に支障が出ますし、コミュニケーションに齟齬があればクレームも生まれます。全体に目を配りながら、きちんと一人ひとりにも応対し、さらにトレーニングの成果を感じていただく。まだまだ手探りは続きますが、私なりの一流のインストラクターを目指して、日々格闘している最中です。

Image

就職・転職活動中の皆さんへ

「チャンス」と「チェンジ」。それがヤマウチに入社した私の感想です。 とにかく挑戦する機会を与えてくれる会社なので、自分がどんどん変わっていくのを感じますし、挑戦に失敗しても、またチャンスがある。私は胸を張って入ってよかったと思っています。 「ジョイフィット」ではグローバルなエクササイズプログラムも導入していますが、私はいまレスミルズプログラムの「ボディコンバット」ライセンス取得を目指しています。個人のスキルアップにも積極的な会社だと思います。

OTHER INTERVIEW